ホーム>店長のゴルフ愛ブログ>店長のゴルフ日記>合っていないクラブだと、力みが消えないスイングが身につきます。
店長のゴルフ日記

合っていないクラブだと、力みが消えないスイングが身につきます。

201612914545.JPG

皆さんのクラブ、右手親指側減っていませんか?

こうなっている方、力みが消えないスイングが身についています。

インパクトだけではなく、アドレス時でもかなり力入って握っています。

手の力入り過ぎていると、ヘッドが走らず球のつかまりも悪く大きくスライス!今度右手で早く返そうとする反応が起こります。

そうするとチーピンボールも止まらない!!

ヘッド重い方がいいと勘違いして、どんどん鉛をヘッドにベタベタ貼っている方もよく見られます。

殆どの方ヘッドスピードいくつですか?と尋ねたら45m/sですって答えますが、じゃあキャリーで250y飛びますねっていうと、そんなに飛ばない!せいぜい吹きさらしの旗に行くくらいですって答えます。吹きさらしの旗220~230yですよね~

実際はみなさんそんなにヘッドスピードない方が殆どです。一般平均値だと40~43m/s位だと思います。

一般メーカーのカスタムシャフトモデルだと殆どが60g台のFlex S入っていますね。重量も315~325g シャフト振動数も255~265cpmのが殆どで、ヘッドスピード45m/s以上ある人だと全く問題ないのですが、ない人だとかなり力んで打たないと飛ばない感覚やイメージが出来上がりどんどんと力みが消えない悪いスイングになってしまっています。

うちのクラブ試打した皆さんに驚かれるのはヘッドスピードがUPするからです。

実際にご自分のクラブ持参になってうちのクラブと比べれば、わかります!!

是非、ご来店お待ちしております。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.golfreshaft-zone.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/231

ページ上部へ